ヒゲの脱毛部位にほくろがあると、脱毛してくれない?

ヒゲにもほくろにも黒色メラミンが含まれていて、レーザーはそれに反応してしまうので脱毛してくれない?その心配は無用です。

脱毛に支障はありません。

■ほくろがあってもヒゲの脱毛は大丈夫。

ヒゲの脱毛を希望する人は、ほくろがあると脱毛してもらえないという口コミが一部にあるようですが、そのようなことはありません。

美容系サロンで行なう脱毛でも、医療脱毛といわれるクリニックでも、ヒゲの脱毛は受付けてもらえます。

なぜそのような噂が広まるのかというと、サロンやクリニックで主流となっているレーザーは、ヒゲの黒色メラミンに反応して効果を発揮します。

ほくろも黒色メラミンが成分なので、誤って反応してしまう危険性が高いからです。

そのため肌全体が黒くなってしまう日焼けの場合は、その黒さの度合いによりますがクリニックによっては施術を断られることもあります。

ただし日焼け肌にも対応している脱毛機を導入しているクリニックもありますので、自分の肌の状態が脱毛可能かどうか一度カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

※参考LINK:日焼け肌はヒゲのゴリラ脱毛へ

■マスキングをしたり出力を弱めて対応。

ヒゲの脱毛を行なう際には、ほくろの部分にマスキングをし、レーザーが直接当たらないように養生してから照射にかかります。

また薄く小さい、刺激に弱いほくろに対しては、照射のパワーを落として施術します。

顔やヒゲの部分にほくろがあることは良くある事例なので普通に対応してもらえます。

■ほくろの数が多い人は事前のカウンセリングなどで相談してみましょう。

多少準備に時間がかかる場合もあります。

レーザーや光が照射する際に、黒色メラミンのほくろにも反応してしまうので、施術は普通よりも慎重にならざるを得ません。

その分、施術時間は長くなりますがNGということはないはずです。

心配な方は、術前・術後のケアがよりしっかりしているクリニックで脱毛してもらうことをおすすめします。